染色月の夕暮れ

ほんの数分の間に、刻々と染まりゆく“そらいろ”。

hr1

染色月の夕暮れ…
ふと見上げる空も、運ばれる風も、秋めく頃、
台風一過の夕方、『そらいろの丘』は、美しい夕焼けにつつまれました。

「夕焼け」は、俳句歳時記では、夏の季語であるように、
ぎらぎら照りつける太陽と、もくもく湧きあがる夏雲が描く、
真夏から晩夏の夕暮れは、ダイナミック&ドラマチックに移りゆきます。

葉月は、穂張月(ほはりづき)、雁来月(かりくづき)、秋風月とも言われ、
美しい響きの日本語に、移りゆく季節を愛でるこころが感じられますが、
この日の夕焼けは、染色月(そめいろづき)の夕暮れと、こころに刻みました。

hr1

Previous post家時間を愉しむ Next post家時間を愉しむ_続

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です