木を削る

完成形をイメージしながら、少しずつ削ってゆく工程は、ドキドキ&わくわく!

完成形をイメージしながら、少しずつ削ってゆく工程は、ドキドキ&わくわく!

hr1

長らく封印していた小道具を出して、木を削る、冬の日々…
ふと気づけば、早咲きの桜便り届く季節へと、移り変わっていました。

型に流し込んだり、力を加えて成形する素材と違い、
木塊(もっかい)を削り出し、かたちづくる木工品は、
後戻りができないゆえ、ひと削りひと削りが真剣勝負。
完成形をイメージしながら、少しずつ削ってゆきます。

樹種により堅さや肌ざわりが、同じ樹種でも木目や肌いろが、
木は生きている素材だから、ひとつひとつ個性があります。
ほんのりあたたかな手ざわりに、親しみを感じていただけるように、
毎日の暮らしに寄り添う、そんな商品を目指して、もうひとふんばり。

もの・ひと・まちのコラボレーションを掲げる『そらいろの丘』は、
このような宿題も承っております~商品発表を、どうぞお楽しみに!

hr1

Previous post富士山を望む_如月 Next post氷柱の向こうに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です