朧月の夜明け

丑三つ時から、寅の刻へ移りゆく頃、月の光に誘われて…

丑三つ時から、寅の刻へ移りゆく頃、月の光に誘われて…

hr1

朧月(おぼろづき)の夜明け。

月を愛で、月と親しんできた、日本人。
太陽暦に代わる以前、月の満ち欠けを周期に、太陰暦が使われてきた歴史から、
多くの歌人が月を詠み、ロマンチックな月の物語が綴られてきました。

山の端から昇る、夕べの月の美しさだけでなく、
山ぎわへ落ちる、夜明けの月もまた、神秘的な光を放っていることがあります。
まるで日本画のよう、いえ、日本画の色彩は、こんな光景から生まれたのかと。

静寂につつまれた西の空に、やがて朧月は、山の端へ落ちて、
曙色につつまれた東の空に、そして朝陽が、山ぎわから昇り、
『そらいろの丘』に、きよらかな1日がはじまりました。

hr1

Previous post桑畑にて_続 Next post梅の実が熟す頃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です