時を経るほどに_続

シウリザクラの魅力を引き出した、hao&mei 制作のオリジナルテーブル&チェア。

hr1

時を経るほどに、味わい深くエイジングしてゆく、無垢材の家具。
あたたかく、なめらかな、シウリザクラのテーブル&チェアは、
木と向き合うことを生業とする、私達の店舗ならではの、おもてなしのひとつ。

時の流れが創り出す風合いは、生きている素材ならでは、
日本に育つ木のここちよさに親しんでいただく、店づくりを通して、
木はかたちを変え、ひとの暮らしの中で生き続けることを、広く伝えてゆきたい…

先日ご来店いただいたお客様が、テーブルの上に陶器を広げ、お喋りに花を咲かせ、
敷布をお持ちした時すでに遅く、天板に深い傷が残ってしまいました。
木肌は人肌と同じ、自らの肌より硬質なものを擦りつけられれば、悲鳴をあげます…

柔らかな素材ゆえ、塗師が研磨し、ワックスをかけ直し、修復を試みましたが、
テーブル&チェアを傷つける異素材(陶磁器や金属等)の持ち込みはご遠慮ください
の一文を、店舗案内ページへ追記しました。
木との向き合い方を伝えてゆくことも、私達の大切な仕事と考えています。

hr1

Previous postそらいろの丘_晩秋 Next postピアノのある風景_続

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です