常夏月の夕暮れ

夕焼けに映える『そらいろの丘』、やがて漆黒の闇へとけ込んで

hr1

からっとした気候の信州小諸は、夕焼けが鮮やかですね~
お客様と話が弾んだ日、夏の訪れを予感する、真っ赤な夕焼けに。

黄昏時から、みるみる薄暗くなる逢魔時(おうまがとき)は、
妖怪など怪しいものに出会いそうな、という語源の時間帯ですが、
恵みの太陽が照りつける季節は、紅に染まる時に出くわすことも。

旧暦では盛夏の頃、水無月の異称「常夏月(とこなつづき)」から、
この日の夕焼けは、常夏月の夕暮れと、こころに刻みました。

hr1

Previous post蝉羽月の夕暮れ Next post梅雨明けの朝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です