山滴る_2016

噴煙のように見える雨雲、朝焼けに映える雲海…定点観測の軌跡より。

噴煙のように見える雨雲、朝焼けに映える雲海…定点観測の軌跡より。

hr1

山滴る季節、みずみずしい浅間山。

空が水潤う季節は、浅間山も雲につつまれて、
この季節ならではの、みずみずしい風景が描きだされます。
北から迫ってきた雨雲が、噴煙のように見えた午後は、やがて雨降る合図へと。

雲海に浮かび、朝焼けに映える雄姿は、
まるで日本画のよう、いえ、日本画の色彩は、こんな光景から生まれたのかと。
いつかの「朧月の夜明け」を思い出す、心に刻む1枚となりました。

山粧う山眠る山笑う、山滴る…
めぐる季節を楚々と綴ってきた、「定点観測の軌跡」も、もうすぐ1年。
日々見上げる浅間山は、続けてゆく力を、そっと授けてくれます。

hr1

Previous post青田波立つ頃 Next post箸の日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です