富士見平を望む_2019立夏

上:水潤う田圃に映りこむ、パステルトーンの空  下:雲がリフレクションする、この季節ならではの光景

hr1

窓のむこうの風景が、パステルトーンに染まる、立夏の頃。
蛙始鳴(かわずはじめてなく)」から「蚯蚓出(みみずいづる)」へ、
ひとの営みもまた、外仕事がここちよい季節となりました。

田圃に水が潤い、移りゆく風景を鏡のように映しだし、
田圃に映りこんだ空や雲が、一瞬の光景を描く季節。
いつかの紅に染まる時も、ちょうどこの頃、こころに刻みました。

早苗が背丈を伸ばすまで、今ならではの田園風景ですが、
今年はどんなリフレクションを見せてくれるだろう?
わくわく&ドキドキしながら、足早に月日が過ぎ行くこの頃です。

hr1

Previous postみつ入れ子 Next post蚕起食桑の頃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です