富士見平を望む_2019小満

青空を映す田圃、ハルゼミの音とカッコウの声に、夏のはじまりを感じて

hr1

万物が満ちあふれ、野山の草木が生い茂る「小満」、
ひと雨降るたび、新緑から深緑へ、移りゆく季節、
窓の向こうの田園もまた、緑深まるこの頃です。

上旬には雹や遅霜が降り、下旬には猛暑が続き、
例年になく、気候の変動が大きかった月の終わり、
ひとの営みと自然が織りなす、この風景にホッとしました。

3年目となるマイプロジェクト「ちいさな種から」は、
種まくから育てるへ、前庭千曲ビューライン沿いに定植、
今夏も笑みがこぼれ、話がはずみますように♡

この丘に根を下ろすことができた感謝の気持ち、
私達のものづくりの背景にひろがる美しい風景、
1枚の写真にメッセージをこめて、4年目の夏のはじまりに。

hr1

Previous post手のひらから_2019春 Next post海を想う_2019夏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です