富士見平を望む_2019冬至

どんより雪空から、信州小諸らしい、はれやかな冬空へ

hr1

あれが「天狗岳」ですよ!
お客様と八ヶ岳を眺めた、冬至の夕方から降りはじめた湿雪は、
窓の向こうの富士見平へ、まばゆい白銀の風景を描きました。

富士見平を望む」定点観測も、5年目の冬。
暖かな冬のはじまりから、思いがけず雪景色に。

年越しそばから使い初めますね!
おお椀」をひと目気に入ってくださった、お客様との嬉しい出会い、
重ね箱」のお届けも終わり、今年の師走もあとわずかとなりました。

hr1

Previous post冬木立の向こうに_2019師走 Next post荒船丸ゆく_2019師走_続

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です