富士見平を望む_2019令月

こころ留めた、希望あふれる空、「令月」のはじまり

hr1

あちこちの庭先に、梅の花かほる頃となりました。
厳寒の季節を越え、春に先がけて咲く梅は、小諸市の木。

森の国の「和の心」を伝えてゆく、私達の事業所名は、
塗師の名前から一文字とって「漆の和」(うるしのかず)ですが、
「和」の字がついたらいいね~と話していたので、
新元号『令和』にこめられた想いを、嬉しく受け留めました。

私達のものづくりをご紹介する場として、年一度は首都圏へ、
今春は、東京都文京区のギャラリー『スペースたかもり』へ。

私達の活動を通して、『そらいろの丘』へご来訪いただき、
信州小諸の魅力を広く伝えてゆくことで、まちのお役に立ちたい、
と考えております~あらためてご案内いたします。
折しも梅の花かほる頃、4年目の春が「令月」となりますように。

そらいろの丘_2018春  そらいろの丘_2017冬
そらいろの丘_2017晩秋  そらいろの丘_2017秋
そらいろの丘_2016山の日  そらいろの丘_2016夏

hr1

Previous post冬木立の向こうに_弥生 Next post『スペースたかもり』にて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です