富士山を望む_2019神無月

野分晴の朝、初冠雪を迎えた富士山が、東雲色に染まる空へ

hr1

富士山と八ヶ岳から、初冠雪の便りが届いた、降霜の頃。
その雄姿を撮影しようと、こころ待ちにしていた、野分晴の朝、
みるみる東雲色に染まる空へ、白い頂が浮かびあがりました。
やっぱり富士山、皆さまとのこころの絆、大切な“こころの風景”。

山粧う季節から山眠る季節へ、紅葉は山腹から山麓のまちへ。
暦の上では、初霜が降りる頃ですが、今秋の紅葉は遅いようです。

『そらいろの丘』から望む風景が恋しくなりました~
富士山の向こうから、峠を越えてご来訪くださるお客様。
私達の郷里、首都圏と信州小諸をつなぐ店舗として、
微力ながら、地域を盛りあげてゆきたいと思っています。

睦月如月弥生卯月皐月水無月文月 神無月霜月師走

hr1

Previous postこ椀・お椀・おお椀 Next post黄昏色に染まる時_2019神無月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です