冬木立の向こうに

青空に向かって、思いっきり枝を伸ばす、冬木立。

青空に向かって、思いっきり枝を伸ばす、冬木立。

hr1

冬木立の向こうに、北アルプスを望む。

ぐるりと山に囲まれた、標高800メートルの『そらいろの丘』は、
西の方角に、北アルプスを見わたすことができます。
北の浅間山、南の八ヶ岳と違い、真っ白な裾を広げた急峻な頂は、
さすが「日本の屋根」と言われる、標高3000メートルの峰々。

立春も間近の朝、とびきり際立つ山脈が、
葉を落とした枝の向こうに、くっきりと描かれていました。
冬木立の枝先も、そぅ~っとふくらみはじめて、
芽吹きの季節を、じぃ~っと待ち焦がれているようでした。

hr1

Previous post海をわたる Next post浅間山を望む_如月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です