丘の上に立つ

梅雨空の向こうに、“そらいろ”を見つけて!

梅雨空の向こうに、“そらいろ”を見つけて!

hr1

恵みの雨が続く季節…
御牧ヶ原をぐるりと走って、丘の上に立つ、一本の木に会いに行きました。
雨に洗われてとびきり澄んだ空、明日への希望ふくらむ飛行機雲。

ここは小諸市境を少し越えた、日本一のクルミの産地、東御市(とうみし)。
栽培に適した気候で、明治・大正時代から育てられている木が点在しています。
田園風景の中にぽつんと立ち、その木陰は、ほっとひと休みする憩いの場所。

森の中で、自然淘汰され、生き残ってきた野生の木と違い、
畑の中で、ひとの営みと共に、大切に栽培されてきた木は、
堂々とした枝ぶりも、どこか優しげで、人懐っこさを感じます。

木と言っても、その生い立ちはさまざま…
たくさんの実を落とすために生まれ、育てられてきたこの胡桃(くるみ)の木は
丘の上に立ち、ひとの暮らしを見守りながら、やがて樹命を迎えるのでしょう。

hr1

Previous postななつ入れ子 Next post紅に染まる時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です