一本道の彼方に

『そらいろの丘』を左に望む、雄大な山並みへ続く一本道。

『そらいろの丘』を左に望む、雄大な山並みへ続く一本道。

hr1

お隣 佐久市、旧浅科村の田園風景を貫く、一本道。
ここは、江戸時代初期、その生涯と私財を投じて、遠く蓼科山から湧水を引いた、
市川五郎兵衛真親(さねちか)翁の偉業から、「五郎兵衛新田」と言われています。

その左手前、浅間連峰に抱かれた小高い丘が、御牧ヶ原。
いつもは眼下に望む田園から、自分たちの住む丘を見上げると、
浅間南麓に築かれた“陽のあたる坂のまち”が、美しい風景を織りなしていました。

今夏から施行される、8月11日の「山の日」は、
山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する、そんな目的で制定されたそうです。
雄大な山並みへ続く、一本道の彼方に、心響く風景をさがしてみませんか?

hr1

Previous post空を飛ぶ Next post夏の思い出

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です