ピアノのある風景

ぴかぴかに甦ったピアノが、大きな窓から望む、空と雲を映して♪(Macoto Art Studio 撮影)

ぴかぴかに甦ったピアノが、大きな窓から望む、空と雲を映して♪(Macoto Art Studio 撮影)

hr1

ピアノのある風景。
ピアノが響く空間。
『そらいろの丘』の建築設計で、大切にしたことのひとつです。

ピアノには、マツやカエデなど、
弾力性があり、音響にすぐれる木材が、適材適所に使われています。
かろやかなタッチ、やさしい音色は、生きている素材ならではの魅力。

横浜から飛騨へ、飛騨から信州へ…
生まれ育った家から一緒に旅してきたピアノも、ようやく腰を据え、
この丘の、この店の、風景にとけ込んで。

ただそこにあるだけで、やすらぎを感じる、昭和の時代のピアノと、
ただそこにいるだけで、ここちよさを感じる、無垢材と漆喰壁の空間。
シーボルトが日本にピアノを持ち込んだ、ピアノの日に想いを馳せて♪

hr1

Previous post食彩に寄り添う Next post青梅雨の夕暮れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です