にわのわ アート&クラフトフェア・チバ_2014

千葉県出身のデザイナー セキユリヲさんがアートディレクションを務める、にわのわオフィシャルガイドブック&DM 「久留里の森づくり」を紹介するために制作した、カードスタンド&箸置き

千葉県出身のデザイナー セキユリヲさんがアートディレクションを務める、にわのわオフィシャルガイドブック&DM
「久留里の森づくり」を紹介するために制作した、カードスタンド&箸置き

黒文字の小枝を有効活用したカードスタンドは、小さな切株みたい!!

黒文字の小枝を有効活用したカードスタンドは、小さな切株みたい!!

hr1

風薫る5月から梅雨の6月へと移りゆく週末、
千葉県佐倉市で開催された にわのわ アート&クラフトフェア・チバ へ出展しました。

2008年より、NPO法人ドングリの会 の活動で、
房総半島のほぼ中央に位置する国有林、久留里(くるり)の森づくりを続けてきたご縁から、
千葉という土地に愛着をもつ作家がつくりあげるこのクラフトフェアへ…
私達のものづくりと “そらいろの風景” を広く伝える機会となりました。

会場は、『DIC川村記念美術館』という緑豊かな広い敷地で、雑木林に囲まれた芝生に、
テントを張り、作品を並べて、2日間で1万5千人ものお客様をお迎えしました。
「漆の器」だけでなく、森の整備で得られる小枝を有効活用したカードスタンド・箸置きも並べ、
「久留里の森づくり」の紹介と活動支援も呼びかけました。

クスノキ科の落葉低木で香りのよい黒文字(くろもじ)は、
お茶席や日本料理店で使われる楊枝に細工され、江戸時代より久留里の特産品として、
千葉の皆さんには馴染み深い木とあって、森づくり基金にたくさんのご支援をいただきました。
先日、NPO法人ドングリの会東京へ、その想いとともに届けてきました!

「もの・ひと・まちのコラボレーション」を掲げる『そらいろの丘』の小さな一歩となりました。
ご賛同いただいたた皆さま、ありがとうございます!
「漆の和」のブースへ足をお運びいただいた皆さま、またお会いできますように!!

hr1

Previous postようこそ!そらいろの丘へ Next postあざやかな今朝の顔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です