ちょこっとお猪口で

「漆の器」で美酒をいただき、日本文化を嗜む。

漆の器で美酒をいただき、日本文化を嗜む。

hr1

ちょこっとお猪口で。
ちょっとしたものを表す「ちょく」が語源と言われる、
「お猪口」はその由来のように、ちょこっと使いに便利な器です。

蕎麦猪口サイズの「お猪口 中」は、口径2寸5分(75mm)。
手頃な大きさが、旬の和え物や、ちょっこり添えるデザートに!
お酒を注いでいただいても、ほっこり手のひらに馴染みます。

ちょっぴりお酒をいただく「お猪口 小」は、口径2寸(60mm)。
脚長なシルエットが、食前酒や、ハレの日の美酒にぴったり!
墨と緋をペアで、御祝の贈り物にも慶ばれています。

酒=SAKE & 漆=JAPAN は、世界に誇る日本文化。
ちょこっとお猪口で、「和の心」を語り継いでゆきませんか?
漆の器ひとつ、毎日の食卓を、こころ豊かに。

hr1

Previous postものづくりは出会い Next post喜びもひとしお