ちいさな種から_2017夏

上:草にも負けず、西日を浴びて輝くひまわり 下:草刈り後、朝陽を浴びて輝くひまわり
成長期は、太陽を追って首を回し、成熟期は、東を向いて花を咲かせるらしい…

hr1

宿題の観察日記を綴った、小学校2年生の夏。
哀愁ただよう名曲と、今も色褪せないシーン。
ユートピアの象徴として、語り継がれる名画。

太陽のように大輪の花咲かせる、向日葵(ひまわり)は、北アメリカ原産の一年草で、
コロンブスの新大陸発見後にヨーロッパへ、日本には17世紀に伝来したそうです。
鮮やかな花に笑みがこぼれ、はれやかな気持ちになっていただけたらと、
この夏、ウッドデッキのある南斜面で、想いをこめて育てています。

ものがたりは、ちいさな種から
今年は、無農薬・無化学肥料の種子を購入して、1袋 / 30粒を蒔き、
来年は、この種子から増やしてゆこうと、想いをあたためています。
花が咲いたら“ひまわりの丘”ね!と、さっそく嬉しいお言葉をいただきました。

晴天率の高い、からっとした気候から、どんな花も色彩豊かに映える、
信州小諸の青空の下、黄金色の花が見頃となる季節は、もうすぐそこに。
いつも「そらいろ便り」をご覧いただいている皆さま、
1枚の写真にメッセージをこめて、ご報告できる日を、どうぞお楽しみに!

hr1

Previous postみまき大池にて Next post看板を掲げて_2017夏

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です