そらいろ便り_2018秋

森の恵みに抱かれるものづくり、豊かな森を受け継ぐ森づくり

hr1

10月8日は、漢数字の十と八で「木」という字から「木の日」。
木のあたたかさやここちよさ、有効活用や可能性を見直す日です。
おかげ様でギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、店舗オープン3周年を迎えました。
そらいろ便り」をご覧いただき、こころを寄せていただき、ありがとうございます!

前職の経験を糧に起業した私達にとって、「木」と向き合うものづくり森づくりは、
もう30年以上も、信念を持って歩んできた道、そしてライフワークです。
これまで積み重ねてきた生業で、いつか誰かのお役に立ちたいとの思いから、
終の住まいのワンフロアを店舗に、お客様との対話を大切に、店づくりをはじめました。

夫婦共創のものづくりに親しんでいただく、木造空間そのものがギャラリー。
私達の活動に共感いただき、ご来訪くださったお客様をおもてなしするカフェ。

私達の店づくりをご理解いただき、木と向き合うマナーを守っていただきながら、
日本に育つ木のここちよさに、ふらりと訪れ、ゆるりと触れる、丘となりますように。
数百本の年輪を刻む「木」から見れば、たった30数年、わずか3年ですが、
偉大なる森の恵みを、未来へ受け継ぐ店舗として、これからも年輪を重ねてゆきます。

hr1

Previous post丘を抜ける風_2018秋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です