いつかの夕暮れ

雨あがりの夕暮れ、ドラマチックに染まりゆく“そらいろ”。

hr1

ふと思い出す、いつかの夕暮れ。
ドラマチックな夕空が、楽しみな季節となりました。

田圃に水が潤い、得も言われぬグラデーションを映した、あの日
池畔の夕涼み、夏雲とさざなみが美しい残照に染まった、あの日
燃えるような黄昏色が移りゆき、漆黒の闇へとけこんだ、あの日
忘れ得ない“そらいろ”は、一緒に見た仲間との、大切な思い出に。

どの写真も、ほんの一瞬の光景ですが、
その感動は、ほんの1枚の写真ながら、今もよみがえってきます。

春待つ窓辺で、和やかなひと時を過ごされた、とあるお客様が、
空の彼方へ旅立たれたという、悲しいお報せが届きました。
いつかの“そらいろ”が、とあるご家族の絆を深め、大切な「あの日」に…
この丘が、そんなお役に立てることもあるのだと、こころに刻みました。

hr1

Previous post手のひらに馴染む_続 Next post夏めく丘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です