ものと出会う、まちの風景 〜 ようこそ、そらいろの丘へ


はれやかな空、ゆるやかな山並みを望む、信州小諸 御牧ヶ原。
「原」と呼ばれる、標高800メートルの高原、四季折々の風景を織りなす、なだらかな丘。
この丘を、地名の「虚空蔵(こくうぞう)」にちなみ、『そらいろの丘』と名づけました。

2015年秋、日本に育つ木のここちよさに親しんでいただく、季節の風抜けるギャラリー&カフェ『そらいろの丘』をオープンしました。
大きな窓から、移りゆく光と影、一期一会の“そらいろ”との出会いは、ここで手にするものと、いつまでもこころに刻まれるでしょう。

夫婦共創の「漆の器」をはじめ、地球の未来へつなぐエコ&オーガニックなライフスタイルの提案をコンセプトに、ものがたりを紡ぎます。
私達のちいさなアクションから、もの・ひと・まちがつながりますように!

店舗の最新ニュースは『そらいろ便り』にてお伝えします。

店舗情報

  • 【営業日】ものづくり&森づくり&店づくりを営んでいるため、毎月の店舗営業日カレンダーを公開しております。
    (青色枠:店舗営業日 / 赤色枠:店舗貸切日 / 平日は予約制)

    *店舗営業日以外のご来店を希望される方は、メールまたはお電話にてご予約を承ります。

  • 【営業時間】午前10時〜夕暮れまで
    *夕暮れの風景をお楽しみいただけますよう、閉店時間は季節や天候により変更いたします。
  • 【席数】10席
    *靴を脱いでお入りいただく空間です。木肌は人肌と同じ、木と向き合うマナーをお心がけいただけますように。
    *日本に育つ木のここちよさに触れながら、おだやかな時をお過ごしいただく店舗です。大きな声でのお喋りはご遠慮ください。
    *テーブル&チェアを傷つける異素材(陶磁器や金属等)の持ち込み、敷地内での喫煙、店内へのペット同伴はご遠慮ください。
    *店舗兼住宅につき、建物全景の写真撮影およびブログ・SNS等への無断掲載はご遠慮ください。

『そらいろの丘』店舗イメージ写真

『そらいろの丘』店舗イメージ写真

『そらいろの丘』店舗イメージ写真

『そらいろの丘』店舗イメージ写真

夫婦共創の「漆の器」を展示販売、手のひらから伝えることを大切に、木造空間そのものを「木のギャラリー」として営んでおります。
門出の日の御祝や、節目の日の記念品に慶ばれる、“こころを結ぶ”贈り物は、さまざまな場面に対応しております。
木の文化に親しんでいただく空間として、日本に育つ木を活用した木工品の紹介や、オリジナルグッズ等の企画制作も承っております。

『そらいろの丘』店舗ギャラリーイメージ写真

漆の器」に親しんでいただく併設のカフェは、私達の活動に共感してご来訪くださる、お客様をおもてなしする場です。
塗師自ら、ハンドドリップでこころを込めて淹れるオーガニック&フェアトレード珈琲と、信州産小麦&マクロビオティックな素材を生かした体にやさしい焼菓子のセットを、“そらいろスタイル”でご提供しております。

『そらいろの丘』店舗カフェイメージ写真

アクセス

〒384-0807 長野県小諸市山浦虚空蔵4293-1
Tel. 0267-24-1588
佐久北インターチェンジより車で20分の、千曲ビューラインから細い坂道を上った丘
*店舗営業日に千曲ビューライン沿いへ掲げる看板が目印、「交差点有り」と道路標示あり。
*詳しい地図はこちらをご覧くださいませ。
*鉄道・バスを利用してご来店の際は、メールまたはお電話にてご連絡くださいませ。

店舗地図

店舗紹介

  • 北村建築設計事務所が設計した、国産材と漆喰の壁が調和する、伝統工法による木造建築です。
    赤松(あかまつ)の梁や檜(ひのき)の柱、太陽の光そそぐ大きな窓、田園風景を一望するデッキ、やさしい旋律奏でるピアノ、やわらかな炎燃える薪ストーブ…おだやかな時が流れる空間を創りました。[写真左]
  • 有賀建具店が制作した木製建具は、地場産材を主に活用し、一枚一枚材料を選りすぐりました。
    外壁と同じ唐松(からまつ)の窓、手に馴染む一位(いちい)の取っ手の玄関扉、山桜(やまざくら)・山梨(やまなし)・橅(ぶな)・高野槙(こうやまき)など、さまざまな樹種の特長を生かしました。[写真中]
  • hao&mei が制作した家具は、楓(かえで)のカウンター、桜のテーブルとチェア、ロゴマークの色合いを思わせるオーガニックコットン&リネンのファブリックが、空間に彩りを添えています。
    樺(かば)の床と共に、時を経るほどに風合いを深める、無垢材の手ざわりに触れていただく「木のギャラリー」を創りました。[写真右]
  • 『そらいろの丘』店舗紹介イメージ写真