富士見平を望む_2021小暑

青空、太陽、やっぱり夏はいいですね~ 梅雨空の八ヶ岳南麓でお会いした、お客様より。 日照不足で生長が後れていたひまわりも、太陽の恵みを懸命に浴び、 みるみる私たちの背丈を越え、日に日に蕾をふくらませています。 青空、山並 […]

富士見平を望む_2021夏至

自然の営みはつつがなく、今年も夏至を迎えました。 恵みの雨降る季節、シャッターチャンスはつかの間ですが、 寅の刻の空に、一瞬の光景を追いかけて。 山の端から昇る、夕べの月だけでなく、 山ぎわへ落ちる、夜明けの月もまた、神 […]

虹の向こうに_2021小満

いつもの初夏と変わりなく、田植えも終わる、小満の頃。 大地を守り続ける地元の方々のおかげで、今年もまた、 刻々と移りゆく、美しい田園風景を望む季節となりました。 田圃に水が潤い、映りこんだ空や雲が一瞬の光景を描く、 この […]

富士見平を望む_2021小満

空青く、緑映え、山笑う、信州小諸御牧ヶ原らしい風景。 例年は、もわ~んとパステルトーンに染まる、立夏の頃も、 今年は、どよ~んとした空もようが続く「走り梅雨」となり、 季節はいつしか、万物が満ちあふれ、草木が生い茂る、小 […]

どこまでも_2021

この空の彼方へ、どこまでも。 5月3・4・5日の3日間は、GWの風物詩『佐久バルーンフェスティバル』 昨年は中止、一昨年は強風、競技が実施されない日もありましたが、 今年は無観客で開催され、おだやかな日和に恵まれました。 […]

富士見平を望む_2021穀雨

田畑に潤いの雨降る、穀雨の頃。 浅間山を望む風景と同様、八ヶ岳もふたたび冠雪、 まだまだ遅霜の心配をする、花冷えのこの頃です。 小諸の町並みから150メートル上った『そらいろの丘』では、 コブシの花が終わり、ようやくヤマ […]

そらいろの風_2021清明

この冬は寒さが厳しかったので、木が休眠打破して、 信州小諸にも例年より早く、桜咲く季節が訪れました。 小諸の町中から150メートル上った、ここ御牧ヶ原では、 春を告げる指標植物、辛夷の花咲くこの頃です。 浅間おろしが吹き […]

風景にとけ込む_2021春分

丘の上にポツンと佇む、ギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、 日本に育つさまざまな木が、適材適所に生かされた木造建築。 日本に育つ木のここちよさを、五感で親しんでいただく木造空間。 そのアプローチには、山並みを見わたす、 […]

富士見平を望む_2020雨水

七十二候では「草木萌動(そうもくめばえいずる)」の頃。 朝5時過ぎはマイナス10℃まで冷えこみましたが、 日中は10℃を超える暖かさ、まさに三寒四温のこの頃です。 御牧ヶ原でも、蕗の薹(ふきのとう)が芽生えはじめているよ […]

富士見平を望む_2021大寒

いちだんと澄みわたる空に、八ヶ岳の山頂が映える朝。 ふいに浅間おろしが吹き荒ぶ、厳寒の季節となりました。 定点観測の軌跡に、昨年の小寒や一昨年の大寒を思い出しながら、 ひと足早い雄雉の鳴き声に、この丘の仲間を思いやるこの […]