環境の日

長野市鬼無里(きなさ) 奥裾花自然園のブナ原生林

hr1

6月5日は「環境の日」そして「世界環境デー」
環境の保全について理解を深め、行動の契機とする日です。

日本に育つ木の魅力と可能性を広く伝える、ものづくり
人工林を皆伐した荒地に広葉樹の森を育てる、森づくり
ここちよい木造空間で「木の文化」に親しむ、店づくり

私たちの活動は、地球の未来を最優先に考えて、
環境に配慮したライフスタイルを提案すること。
これまでも、これからも、ライフワークの幹としています。

いつかの夏、長野市鬼無里で仰いだ樹齢300~400年の橅(ぶな)の大木。
ヨーロッパでは “Queen of the Forest”、日本では「森の母」と呼ばれる、
清楚で美しい樹形と、成熟した豊かな森は、どんな時も、こころの奥に。

hr1

Previous post富士見平を望む_2020小満 Next post富士見平を望む_2020芒種

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です