澄みわたる_続

澄みわたる空に輝く、宵の明星 ☆ 山裾の輝きは、浅科の町並みとみまき大池の水面

hr1

空がいちだんと澄みわたる、冬のマジックアワー。
美しいグラデーションが描かれた西の空に、一番星をみつけました。
ひときわ輝くこの星は、「宵の明星」と呼ばれる金星 ☆

金星は、太陽系の惑星の中で、大きさや重さが地球にいちばん似ているそうですが、
自転方向が反対で、太陽は西から昇り東に沈むとか…まさに、コペルニクス的転回!
しばし、宇宙の神秘に、浪漫を馳せました。

ある日の夕暮れ、峠を越えてご来店くださったお客様と、
照明を消して、薪ストーブの炎を灯りに、こころ留まるひと時をご一緒しました。
来る年も、“そらいろ”を共感する丘でありますよう… 一番星に願いを架けました。

hr1

Previous post浅間山を望む_睦月 Next post薪ストーブ燃ゆる