氷柱の向こうに

なごり雪の雫は、軒の氷柱となり、やがて大地を潤して

なごり雪の雫は、軒の氷柱となり、やがて大地を潤して

hr1

氷柱(つらら)の向こうに、春を待ちわびて。

雪解けの大地に、春の萌しを感じていましたが、
このところ、薄墨色の空に、なごり雪の日々…
いつも浅間山を望む、北側の軒には、氷柱がきらり。

はれやかな空も、ゆるやかな山並みも、
モノトーンな“そらいろ”に、すっかり霞んでいますが、
この風景の向こうに、やがて訪れる季節は、喜びもひとしおです。

hr1

Previous post木を削る Next post空はキャンバス_2016弥生