富士見平を望む_2020霜降

スカッと青空に映える八ヶ岳、力を蓄える土色の田園風景

hr1

季節はいつしか霜降に、七十二候では
「霜始降(しもはじめてふる)」から「霎時施(こさめときどきふる)」へ。
野山の草木が色づき、山桜や楓がひと足早く落葉する頃。
今秋いちばんの冷えこみとなった朝、久しぶりに八ヶ岳を望みました。

この“原”を守り続ける、地元の方々の田圃は稲刈りが終わり、
美しい田園風景を見わたすことができた日々に、こころより感謝して。

あれから初冠雪を迎え、あの週は山日和でした~
10月半ばにご来店、八ヶ岳を縦走されたお客様に、
またぜひ信州小諸へ!と、御礼のお手紙をしたためて。
10月末、晴天率の高いまちならでは、澄みわたる空に深呼吸しました。

hr1

Previous post海を想う_2020神無月 Next post荒船丸ゆく_2020霜月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です