ちいさな種から_2022春

hr1

各地から花便りが届く季節となりました。
この丘ではようやく、鶯が初鳴き、蕗の薹が顔をのぞかせました。
今年もまた、ちいさな種から笑みがこぼれますようにと、
この丘の夏の風物詩も、種まく季節を迎えようとしています 🌻

信州小諸御牧ヶ原のはれやかな空、のびやかな大地と、
学生時代に感銘した名画『ひまわり』のシーンが重なり、
ひまわりを育てよう!と思い立ってから6年目。
ロケ地といわれるウクライナには、親しみを抱いておりました 💧

写真は2019年夏、突然の降雹にも負けず、花を咲かせたひまわり。
清く美しい姿はまさに「太陽の花」と、こころに刻んだ1枚。
かつて戦場だったという、地平線のかなたまで続くひまわり畑を想い、
ちいさな種から芽生える命に、平和の祈りを捧げる春となりました。

hr1

Previous post富士見平を望む_2022雨水 Next post森づくり_2022春