そらいろの風_2021芒種

雨あがりの朝、風が描いた空もよう

hr1

すがすがしい初夏から、みずみずしい仲夏へ移りゆく、芒種の頃。
恵みの雨降る季節、シャッターチャンスはつかの間ですが、
雨もようの合間に、流れゆく雲が描く、一瞬の光景を追いかけて。

来年の『にわのわ アート&クラフトフェア・チバ』へ続く道、
グループ展「circles niwanowa monthly exhibition 2021」は、
出展した「circles vol.2」が終了いたしました。
ご来場いただいた皆さま、ご尽力いただいた皆さま、ありがとうございました。

『にわのわテレビ』では、「丁寧な説明と買いやすい価格の漆器」と、
通常は卸や委託をせず、直接販売に徹しているからこその価格にも触れ、
私たちが心がけている、ものづくりの信念を、ご紹介いただく場となりました。

応募から選考、延期から中止、グループ展というかたちでの開催と、
長い道のりでしたが、千葉とのつながりが続く、ありがたい機会となりました。
つくるだけでなく売るまで、売るだけでなく補修や塗り直しまで、
“つかい手とのそれから”を大切に、“つかい手とのつながり”をこころの糧に。

hr1

Previous post虹の向こうに_2021小満 Next post富士見平を望む_2021夏至