お猪口_説明書

hr1

ちょっとしたものを表す「ちょく」が語源と言われる、
「お猪口」はその由来のように、ちょこっと使いに便利な器です。

ちょっぴりお酒をいただく「お猪口 小」は、口径2寸(60mm)。
脚長なシルエットが、食前酒やハレの日の美酒を、より美味しく。
墨と緋をペアで、こころを結ぶ贈り物にも慶ばれています。

蕎麦猪口サイズの「お猪口 中」は、口径2寸5分(75mm)。
蕎麦はもちろん、和え物など旬の一品や、ひんやりとデザートに。
がっつりお酒をいただく場面でも、活躍しているようです。

お酒を嗜む器の、素材や形状は理に適い、その国の文化を築いています。
日本酒と「漆の器」も然り、SAKE & JAPAN !! と言われるように、
愛で愉しむこころが、築きあげ、受け継いでゆく、酒の文化と木の文化。

塗り直して長く使い続けられることも、他の素材にはない漆の魅力です。
日々のお心がけと共に、愛着を持って、ご愛用いただけることを願っております。

〇 柔らかい綿布で汚れを拭き取り、ぬるま湯で洗ってください。
〇 乾いた綿布で、すぐに水気を拭き取ってください。
〇 電子レンジ・食洗機・クレンザーのご使用はお避けください。
〇 保管中は、直射日光や極端な乾燥・湿気にご注意ください。

hr1

Previous postこころを結ぶ_こ椀 Next post空へ続く_2018春

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です