2019年9月10日

夜長月の夕暮れ

台風一過の夕暮れ、真っ赤な夕焼けにとけ込む『そらいろの丘』

hr1

夜がだんだん長くなることに由来し、その略と言われる長月は、
落陽がだんだん早くなり、さわやかな涼風に、夜長をする季節。

台風一過の夕暮れ、紅葉の季節を思わせる、真っ赤な夕焼け、
やがて『そらいろの丘』は、漆黒の闇に包まれてゆきました。

蝉の大合唱から、ここちよい秋の虫の音へ移りゆく頃、
この日の夕空は、夜長月の夕暮れと、こころに刻みました。

台風15号の影響を受けられた皆さま、こころよりお見舞い申し上げます。
早くおだやかな日々が戻りますよう、微力ながら、祈念しております。

hr1

2019年9月7日

禾乃登の頃

Category: 八ヶ岳,

大地を受け継ぐ営みと、自然が調和して織りなす、美しき日本の原風景

hr1

七十二候では「禾乃登(こくものすなわちみのる)」の頃、
窓の向こうの田園も、実りの季節を迎えています。
しばらく雲に覆われていた八ヶ岳が、スカッと青空に映える朝は、
美しい田園風景を望むことができる日々に、こころより感謝して。

実るほど、稲穂が頭を垂れ、ささやかに、新米をいただく、
実りの季節は、「木の文化」に親しんでいただく時でもあります。

新年に使い初めたい!という皆さま、「重ね箱」と「おお椀」は、
9月末までご予約いただいた方へ、12月下旬にお届けいたします。
皆さまの歩みと年輪を重ねる、私達のものづくりが、
実りの季節を愉しむ、お役に立てることを願っております。

立春 雨水 啓蟄 春分 清明 穀雨 立夏 小満 芒種 夏至 小暑 大暑
立秋 処暑 白露 秋分 寒露 霜降 立冬 小雪 大雪 冬至 小寒 大寒

hr1

2019年8月31日

風景にとけこむ_2019夏

スカッと青空に、秋近しと感じた朝、翌日の降雹は、この夏の記憶に…

hr1

丘の上にポツンと佇む、ギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、
時を経るほどに、風合いを深めながら、風景にとけこんで
「木」と向き合ってきた、私達の活動拠点、そして終の住まい。

月日は刻々と移りゆき、8月31日で竣工から丸4年となりました。

漆は、器だけでなく、家具や建築の仕上げにも活用されてきましたが、
プロフィールをご覧になり、家具の漆塗りのご依頼が続いております。
ひとつは、30数年愛用されたダイニングテーブル&チェアの塗り直し。

購入時より、遥かに深みのある仕上りに、惚れ惚れしました!
嬉しいお言葉、この丘での出会いに、こころより感謝申し上げます。
これからも、皆さまのお役に立つことを掲げて、変わらぬ信念で。

*店舗兼住宅につき、建物全景の写真撮影およびブログ・SNS等への
無断掲載はご遠慮いただいております~あしからずご了承くださいませ。

hr1

2019年8月26日

山滴る_2019

Category: ,浅間山

雨雲と山頂がつながった、いつかの夜明けは、やがて雨降る合図に

hr1

いつしか季節は、暑さが和らぐ「処暑」へ、
朝晩は20℃を下回り、高原の風わたるこの頃です。

浅間山噴火の報道のたび、ご心配いただき、ありがとうございます。
立秋」前日より小規模で、警戒レベルは2を維持とのことです。
山滴る季節から山粧う季節へ、暑さも鎮まり、山も人もホッとひと息、
翌朝の浅間山は、いつもの雄姿で、山麓のまちを見守るように…

雨雲と山頂がつながった、いつかの夜明け、
噴煙のように見えた雲は、やがて雨降る合図となりました。

hr1

2019年8月25日

看板を掲げて_2019夏

ロゴマークも、ひまわりも、曲り角にポツンと、周囲の自然にとけ込んで。

hr1

北海道のような直線道路ですね!と言われる「千曲ビューライン」は、
名前の通り、雄大な眺望を楽しむことができる、ドライビングロード。
その「千曲ビューライン」から、細い坂道を上った丘に、
『そらいろの丘』がポツンと、周囲の自然にとけ込んでいます。

店舗営業日には、曲り角に入魂の看板を掲げますが、
昨夏に続き今夏も、アイキャッチのひまわりが咲きました。

こちらも日照不足と降雹で、葉っぱはボロボロですが、
小ぶりでも、不揃いでも、その再生力に感動する、4年目の夏。
丘の上から望む風景を、細やかな曲線と色彩で表現したロゴマークも、
夏限定のひまわりも、曲り角にポツンと、周囲の自然にとけ込んで。

hr1

2019年8月18日

ひまわり咲く丘_2019続

ファサードを背景に、可愛らしい花がナイスポーズ !!

hr1

日照不足と降雹で、細く小ぶりながら、次々と花咲かせるひまわり。
傷ついた痛々しい姿でも、笑みがこぼれ、話がはずむ「太陽の花」。

葉っぱはボロボロですが、頑張って花咲かせてくれました~
ご近所のお客様から、嬉しいメッセージが届きました!
ご家族で見守ってくださった様子を思い浮かべ、あたたかな気持ちに。

ひまわり咲く丘」も、早咲きは頭を垂れ、種子を育む季節へ。
選りすぐりの種を、同様に蒔いても、生長はそれぞれで、
後から定植した2列目が、ようやく可愛らしい花咲かせるこの頃です。

ひまわり咲く丘、ふたたび。
ものがたりは、ちいさな種から

hr1

2019年8月15日

富士見平を望む_2019立秋

Category: 八ヶ岳,

天気や季節のゆくえを知る、大きな窓辺から望むパノラマ

hr1

この窓辺は「雨脚」がよく見えますね~
大きな窓から、富士見平を望むパノラマは、日々刻々と移りゆき、
迫りくる雨雲や、流れゆく夏雲を、間近に眺めることができます。

雨雲は風に追われ、雨に洗われた清らかな夜空に、
ひまわりを想う、華やかな大輪の花が咲きました。
お盆の花火大会が終わると、暑さが和らぎ、ふいに秋が訪れます。

八ヶ岳が青空に映える頃、また来ますね~
お持ち帰りいただいた「漆の器」を手にするたび、
いつかの再訪を、思い描いていただけますように♡

hr1

2019年8月13日

ひまわり咲く丘_2019

Category:

葉っぱがボロボロになっても、大輪の花を咲かせ、青空に映える「太陽の花」

hr1

富士見平を望む風景に、秋近しと感じた立秋前。
あの日から早1週間、降雹でボロボロになりながらも、
懸命に、勇敢に、ひまわりは次々と、花を咲かせています。

梅雨から初夏の日照不足で、細く小ぶりではありますが、
ちいさな種から芽生え、人の背丈より高く、頭より大きく、
ぐんぐん育った大輪の花は、やはり「太陽の花」。

ひまわりを背景に、記念撮影してもいいですか~
ひと目で気に入ってくださった、私達の「漆の器」と共に、
この夏の大切な思い出となりましたら、何よりです♡

ひまわり咲く丘、ふたたび。
ものがたりは、ちいさな種から

hr1

2019年8月8日

立秋の頃_2019夏

風抜ける木立に垣間見る朝陽、左端のひまわり(写真では中央)が “はじめの一輪”

hr1

暦の上では立秋の頃、日中の残暑はまだまだ続きそうですが、
朝夕には秋の虫の音、ほんのり秋めく季節となりました。

浅間山噴火の報道に、ご心配の声を寄せていただき、ありがとうございます。
入山規制となりましたが、噴火は小規模で、周辺への影響はございません。
今朝の浅間山は、いつもの雄姿で、山麓のまちを見守るように…

その予兆?かも知れない、前日午後の雷雨と雹…
この丘のひまわりも、葉っぱがボロボロになってしまいましたが(涙)
懸命に花を咲かせる勇姿は、明日へ向かうことを、諭しているかのようです。

ひまわり咲く丘」を楽しみにしてくださっていた皆さま、
傷ついても、勇敢に花咲かせるひまわり達を、見守っていただけますように♡
今夏も嬉しい出会い&再会に恵まれますよう、こころよりお待ちしております!

*ギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、木造空間そのものが「木のギャラリー」
として営んでおります~飲食店や喫茶店ではありませんので、ご了承くださいませ。

hr1

2019年8月6日

富士見平を望む_2019葉月

Category: 八ヶ岳,

上:美しい雲模様に、秋近しと感じた朝  下:立秋前に咲きましょう!ひまわり達の声が聞こえて

hr1

久しぶりに八ヶ岳を望む朝、「秋雲は砂の如く」を思う空模様、
ひさしぶりにカメラを持ち、朝空にファインダーを向けました。
猛暑の日々ながら、秋近しと感じる、一瞬の“そらいろ”でした。

ひまわりが咲く頃に行きますね~
お客様からご連絡いただき、ハラハラと見守っていたひまわりは、
“はじめの一輪”が花開き、お盆に見頃を迎えそうです!

日照不足で生長が遅れたものの、梅雨明け後にぐんぐん育ち、
雹で葉っぱが傷つき、台風で横倒しになった、昨夏と比べ、
細めで小ぶりながら、空へ続くかのように、真っ直ぐ首を伸ばしています。

今夏も、鮮やかな花に笑みがこぼれ、はれやかな気持ちとなりますように♡
ひまわり咲く丘」は、もうすぐそこに。

hr1