虹の向こうに_2019春

虹の向こうに願いを架けた、昨春を思う卯月終わり、 『そらいろの丘』の大きな窓から見わたす大空に、 大気中の氷の結晶と太陽光が屈折して起こるという、 虹色の光の帯「環水平アーク」が描かれました!! ふたたび白い頂となった八 […]

虹の向こうに_2019立春

二十四節気の「小雪」の初候に「虹蔵不見」(にじかくれてみえず)とあるように、 雨が雪に変わる季節は、望むことのない虹が、立春の朝、見上げた空に。 春の訪れと共に、幸せが運ばれますよう、虹の向こうに、願いを架けました♡ 1 […]

空へ続く_2019冬

今冬いちばんとなる、マイナス10℃超まで冷えこんだ朝、 ふと見上げると、晩秋の頃を思い出す、美しい雲模様。 北風が描いたうろこ雲は、ぐんぐん&みるみると流れゆき、 また雲ひとつない、澄みわたる冬空へと、移りゆきました。 […]

スカッと秋空の下_2018

天高く馬肥ゆる、実りの季節。 雨あがりに澄みわたる秋空は、どの季節より天高く感じられ、 昔、都へ献上した駿馬が肥ゆる御牧に、想いを馳せます。 店舗営業日が、こんな秋日和となるように… 移り変わる天気予報と、睨めっこする季 […]

東雲色に染まる時_2018秋

秋の野にススキゆれる、東雲色に染まる時。 右に荒海を進む「荒船山」ふたたび、サンライズの方角も移りゆく、 「朝焼けに蓑を持て」という諺の通り、秋雨もようのこの頃です。 頭を垂れたひまわりは、種子を育む季節に。 この丘は、 […]

虹の向こうに_2018秋

平成最後の秋のはじまり、台風一過の朝。 霧ヶ峰から美ヶ原を望む西の空に、虹が描かれました。 いつも風が強いから、風に強く育つのね~ 台風にも負けず、晩夏の頃のまま、立ち続けるひまわりに、 やさしいお言葉をかけてくださった […]

ひまわり咲く丘_2018晩夏

葉月の夕暮れ… ふと見上げる空も、運ばれる風も、ほんのり秋めく頃。 頭を垂れたひまわりが、過ぎゆく季節を見送るように。 この夏も笑みがこぼれ、会話がはずんだ、ひまわり咲く丘は、 「千曲ビューライン」沿いに植えた、ちいさな […]

秋めく丘_2018

梅雨明けの朝から、小暑の頃、大暑の頃と、猛暑が続いた今夏、 ひと雨降るたび、ほんのり秋めく、立秋の頃。 岩のように沸きあがる雲を、見送った翌朝、ふいに秋が訪れました。 振り向けば、砂のように流れる雲と、さわやかな風。 霞 […]

東雲色に染まる時_2018夏

東雲色に染まる時。 美しい朝焼けに染まる日も多い、夏の暁は、俳句にも詠まれる夏の季語。 明るくなりゆく空を見上げる、早起きが、ことのほか楽しみな季節です。 今朝はどんな空に染まるのだろう? 今日はどんな出会いがあるだろう […]

手のひらから_2018夏

ご来店いただいたお客様が、手にとって、肌ざわりを感じられるように、 木ならではの、あたたかさやここちよさに、親しんでいただけるように、 『そらいろの丘』のギャラリーは、小さなスペースながら、 手のひらから伝わること、手の […]