東雲色に染まる時_2018秋

秋の野にススキゆれる、東雲色に染まる時。 右に荒海を進む「荒船山」ふたたび、サンライズの方角も移りゆく、 「朝焼けに蓑を持て」という諺の通り、秋雨もようのこの頃です。 頭を垂れたひまわりは、種子を育む季節に。 この丘は、 […]

虹の向こうに_2018秋

平成最後の秋のはじまり、台風一過の朝。 霧ヶ峰から美ヶ原を望む西の空に、虹が描かれました。 いつも風が強いから、風に強く育つのね~ 台風にも負けず、晩夏の頃のまま、立ち続けるひまわりに、 やさしいお言葉をかけてくださった […]

ひまわり咲く丘_2018晩夏

葉月の夕暮れ… ふと見上げる空も、運ばれる風も、ほんのり秋めく頃。 頭を垂れたひまわりが、過ぎゆく季節を見送るように。 この夏も笑みがこぼれ、会話がはずんだ、ひまわり咲く丘は、 「千曲ビューライン」沿いに植えた、ちいさな […]

秋めく丘_2018

梅雨明けの朝から、小暑の頃、大暑の頃と、猛暑が続いた今夏、 ひと雨降るたび、ほんのり秋めく、立秋の頃。 岩のように沸きあがる雲を、見送った翌朝、ふいに秋が訪れました。 振り向けば、砂のように流れる雲と、さわやかな風。 霞 […]

東雲色に染まる時_2018夏

東雲色に染まる時。 美しい朝焼けに染まる日も多い、夏の暁は、俳句にも詠まれる夏の季語。 明るくなりゆく空を見上げる、早起きが、ことのほか楽しみな季節です。 今朝はどんな空に染まるのだろう? 今日はどんな出会いがあるだろう […]

手のひらから_2018夏

ご来店いただいたお客様が、手にとって、肌ざわりを感じられるように、 木ならではの、あたたかさやここちよさに、親しんでいただけるように、 『そらいろの丘』のギャラリーは、小さなスペースながら、 手のひらから伝わること、手の […]

見上げた空の色

早朝の雲の色を表す、「東雲(しののめ)」という風情ある言葉は、 古の住居の明かり取りに、篠竹が使われていたことから、 篠の目が転じて、夜明けの薄明かりを意味するようになったそうです。 ある朝、東の空のシャッターチャンスを […]

常夏月の夕暮れ

からっとした気候の信州小諸は、夕焼けが鮮やかですね~ お客様と話が弾んだ日、夏の訪れを予感する、真っ赤な夕焼けに。 黄昏時から、みるみる薄暗くなる逢魔時(おうまがとき)は、 妖怪など怪しいものに出会いそうな、という語源の […]

蝉羽月の夕暮れ

風待月、涼暮月、鳴雷月… 旧暦では盛夏の頃、水無月には「蝉羽月(せみのはづき)」という異称も。 夏蝉が鳴きだし、蝉の羽のような薄衣を身に纏う季節、に由来するそうで、 平安時代に生まれた「襲の色目」には、蝉の羽色と檜皮色の […]

鳴雷月の夕暮れ

ふと思い出す、いつかの夕暮れ。 ドラマチックな夕空が、楽しみな季節となりました。 ふいに雷が鳴り、雨が降りだすこともある、水無月の異称から、 この日は、鳴雷月(なるかみづき)の夕暮れと、こころに刻みました。 いつかの夕暮 […]