黄昏色に染まる時_2018霜月

ひこうき雲がすぅ~っと描かれた、黄昏色に染まる時。 やがて『そらいろの丘』は、漆黒の闇へ、とけ込んでゆきました。 いつかの夕暮れをご一緒したお客様が、サンセットの時間帯に再来店、 あのお椀で、毎日ご飯を食べています~ 艶 […]

こころを結ぶ_2018秋

美しい紅葉に彩られ、霜晴れの日が続いた晩秋、 おかげをもちまして、『土蔵ギャラリー 企画展』は終了いたしました。 創業120周年を迎える老舗旅館 中棚荘の「年輪」を感じる10日間、 ご来場いただきました皆さま、どうもあり […]

荒船丸ゆく_2018霜月

県境の山並みが映える、夜明けのグラデーション。 今年もまた、雲海に浮かぶ「荒船丸」を追う、秋深まる季節となりました。 群馬県・埼玉県・山梨県との境に、たくさんの山頂が映しだされる中で、 この丘から撮影する写真では左端、「 […]

黄昏色に染まる時_2018神無月

秋深まる夕暮れ、黄昏色に染まる時。 窓の向こうにひろがった一瞬の“そらいろ”は、 みまき大池の水面と、ジオヒルズ・ワイナリーを、ほんのりワイン色に染めました。 今秋も『土蔵ギャラリー 企画展』でお世話になっている、 中棚 […]

秋深まる_2018

窓の向こうに移りゆく風景も、秋深まるこの頃。 秋雨もようが長く続き、スカッと青空をこころ待ちにしていましたが、 野分が過ぎて、グッと冷えこんだ朝、久しぶりに八ヶ岳を望みました。 この“原”を守り続ける、地元の方々の田圃は […]

そらいろ便り_2018秋

10月8日は、漢数字の十と八で「木」という字から「木の日」。 木のあたたかさやここちよさ、有効活用や可能性を見直す日です。 おかげ様でギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、店舗オープン3周年を迎えました。 「そらいろ便り […]

丘を抜ける風_2018秋

御牧ヶ原を貫く区間は、信号機のない千曲ビューライン。 バイクやロードレーサーも走り抜ける、恰好のドライビングロードです。 スカッと秋空の下、絶好のツーリング日和に、丘を抜ける風が訪れました。 やっぱりバイクは、750cc […]

富士山を望む_神無月

野分晴の朝、幾重にも連なる稜線の向こうに、日本一の頂。 富士山を見上げて育った私達を、ほっとさせてくれるこの風景が、 『そらいろの丘』に住まうことを決めた、訳のひとつです。 四季折々に移りゆく、富士山を望む風景も、8話目 […]

土蔵ギャラリー 企画展_2018

小諸なる古城のほとり… 文豪 島崎 藤村の『千曲川旅情の歌』で知られる、小諸城址 懐古園から、 千曲川河岸を下る途中、木立に囲まれた、閑静な佇まいの隠れ宿 中棚荘。 みまき大池の畔にジオヒルズ・ワイナリーを開設されたご縁 […]

スカッと秋空の下_2018

天高く馬肥ゆる、実りの季節。 雨あがりに澄みわたる秋空は、どの季節より天高く感じられ、 昔、都へ献上した駿馬が肥ゆる御牧に、想いを馳せます。 店舗営業日が、こんな秋日和となるように… 移り変わる天気予報と、睨めっこする季 […]