ちいさな種から_2018春

遠くへ飛び立つために進化した、“プロペラ”形の楓の種子 清楚で可憐な花はいつしか、かたちを変えて、未来の森へ ピアノなどの楽器に使われ、音響にすぐれる木、イタヤカエデ。 4月初旬『そらいろの丘』に咲いた、清楚で可憐な花が […]

獣道の向こうに_2018春

特有のポーズで、店内の様子をうかがう、ニホンカモシカ うららかな午後、じぃ~っと様子をうかがう、影ひとつ。 長野県の県獣、国の特別天然記念物に指定されているニホンカモシカが、 今春も『そらいろの丘』に現れました。 「好奇 […]

立夏の頃

夏の気配が立ちはじめる時季「立夏」。 暦の上では、この日から立秋の前日までが、夏となりますが、 標高800メートルの丘は、若草萌ゆる季節がはじまったばかり。 霜が降りなくなると言われる、穀雨の頃を過ぎても、 皐月らしから […]

どこまでも_2018春

この空の彼方へ、どこまでも… GWの風物詩『佐久バルーンフェスティバル』は、 5月5日「こどもの日」、ようやくおだやかな空となり、 ほんのり朝靄の向こうに、熱気球が飛び立ちました。 予定より早い時間帯の開始となり、望遠レ […]

若草萌ゆる

若草萌ゆる季節… リンゴの花も、桜と同様、今年は開花が早いようです。 大きな窓から望む、ふたたび白い山頂の八ヶ岳を背景に、 向かいの畦道から、すっかり雪解けした浅間山を背景に、 たわわに、華やかに、春を謳歌する白い花。 […]

虹の向こうに_2018春

狐が嫁入りしたのかな?と、空を見あげた夕暮れ、 若草色に染まる千曲ビューラインから、浅間山へ向かって、 “幸運のサイン”と言われる、ダブルレインボーが描かれました。 山桜咲く空が虹色に照らされた、ドラマチックな“そらいろ […]

店づくり_2018春

穀雨が明けて、清々しい風わたる朝、 はれやかな空に、ゆるやかな山並み、左端には白い頂の富士山が、 くっきりと映しだされた、『そらいろの丘』ならではの風景。 私達の店づくりで、いちばん大切にしていることは、この丘から望む風 […]

桜咲く季節_2018続

ひっそり&しっとりと春を謳歌する、 清楚で可憐な花を、葉と同時に開く山桜。 園芸種の桜が舞い、野生種の桜が咲き、木々がいっせいに芽吹く季節、 我こそは~とたわわに咲くことなく、野山に生きる姿を諭すかのように。 桜と言って […]

穀雨の頃

雨で潤った田畑が、種蒔きの時季を迎える「穀雨(こくう)」。 小諸の町並みから、140メートル上った『そらいろの丘』の周りは、 コブシの花が終わり、ようやくヤマザクラが咲きはじめる頃。 清明の頃は雪が降らなくなり、穀雨の頃 […]

みまき大池にて_2018春

『そらいろの丘』の窓から、水面が光る、水を蓄えた「みまき大池」は、 長い歳月をかけて、整備が進められた、田園を潤す調整池です。 池畔に立つと、北に浅間連峰、東に県境の山並みと富士山の頂、 南に八ヶ岳、西に美ヶ原や北アルプ […]