芽吹きの季節_2020

野山の草木は変わらず、芽吹きの季節へ。 横浜から飛騨へ、飛騨から信州へ、祖母の庭から一緒に旅してきたスイセンが、 今年も真っ先に花を咲かせ、力強く、一生懸命に、太陽の光を浴びていました。 「春に3日の晴れなし」と言われる […]

浅間山を望む_2020弥生

「草木萌動(そうもくめばえいずる)」から蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)へ、 春待つ梢がほんのりふくらみ、冬籠りしていた虫たちが動きはじめる頃。 不要不急の外出を控える日々ながら、必要至急な用事で近隣へ出かけた折、 ふ […]

重ね箱・みつ入れ子_2020春

私たちのものづくりのテーマは「年輪を重ねる」ですが、 重ねた時のかたちを大切に、試行錯誤を重ねてきた「重ね箱」を、 お慶びの贈り物にお選びいただいたり、ご家族の歩みにとご予約いただいたり、 この丘でのめぐり逢いに、こころ […]

富士見平を望む_2019立夏

窓のむこうの風景が、パステルトーンに染まる、立夏の頃。 「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」から「蚯蚓出(みみずいづる)」へ、 ひとの営みもまた、外仕事がここちよい季節となりました。 田圃に水が潤い、移りゆく風景を鏡のように […]

富士山を望む_皐月

遅霜が降りた朝、雲ひとつない澄みわたる空。 幾重にも連なる稜線の向こうに、富士山の白い頂を望みました。 2000メートル級の山は、日に日に残雪が消えてゆくこの時季、 3000メートル級の峰は、その雪渓が標高を物語っていま […]

どこまでも_2019

この空の彼方へ、どこまでも… GW半ばは、春雨もようとなりましたが、 恵みの雨を浴びて、木々の枝先が一斉に芽吹き、 点在する菜の花畑も見頃となった、GW後半。 恒例の『佐久バルーンフェスティバル』は、 残念ながら、強風の […]

富士山を望む_卯月

昭和生まれとは言え、平成の方が長かったね~ 令和も同じくらい、年輪を重ねてゆきたいね~ 平成から令和へ、移り変わる朝、希望あふれる“そらいろ”を望みました。 美しい雲もようの下、幾重にも連なる山並みの向こうに、 森づくり […]

虹の向こうに_2019春

虹の向こうに願いを架けた、昨春を思う卯月終わり、 『そらいろの丘』の大きな窓から見わたす大空に、 大気中の氷の結晶と太陽光が屈折して起こるという、 虹色の光の帯「環水平アーク」が描かれました!! ふたたび白い頂となった八 […]

芽吹きの季節_2019

『そらいろの丘』に植樹した辛夷(こぶし)が、花を咲かせました! サッカーで、最前線にフォワードを一人配置する構成を「ワントップ」 と言いますが、まずは一輪、「ワントップ」の花となりました。 私達と共に、この丘へ根づいたこ […]

冬木立の向こうに_卯月

小諸の町中では、園芸種の桜咲く季節を迎えているようです。 標高800メートルのこの丘は、ようやくコブシの花が咲きはじめ、 ちょうどGWに、若草萌ゆる季節となりそうです。 「日本の屋根」と言われる、標高3000メートルの峰 […]