冬木立の向こうに_弥生

冬木立の向こうに垣間見る、北アルプスの白い頂。 その一瞬にこころ留めて、カメラを向けていますが、 シャッターを切るタイミングや、微妙な設定の違いで、 さまざまな色合いに写しだされ、1枚の風景写真に。 手持ちの望遠レンズで […]

富士見平を望む_2019早春

「春に3日の晴れなし」と言われるように、日々天気が変わるこの頃。 小雨から霙、そして名残雪へ、目映い雪原ひろがる朝もありますが、 雪を解かす、土の色はあたたかに、地球の鼓動が聞こえてくるかのようです。 そちらの天気はいか […]

ちいさな種から_2019春

アイキャッチとなった、昨夏のひまわりダイジェスト版! 昨夏、鮮やかな花に笑みがこぼれ、はれやかな気持ちにさせてくれた、 あの向日葵(ひまわり)も3年目、種まく季節を迎えようとしています。 ちいさな種から芽生える、たくまし […]

みまき大池にて_2019早春

「春に3日の晴れなし」と言われるように、 春霞から霧へ、小雨から霙、そして名残雪へ、日々天気が変わるこの頃。 久しぶりの晴天に、厚い氷が解けて、水面が光る「みまき大池」へ。 三日月形の池は、まるで入り江か、はたまた河口の […]

富士山を望む_睦月

2月23日は、語呂合わせから、「富士山の日」に制定されています。 写真は睦月のある朝、「紅掛空色」(べにかけそらいろ) に染まる空、 幾重にも連なる、ゆるやかな山並みの向こうに、 ちょこっと抜きん出た白い頂が、おはよう! […]

虹の向こうに_2019立春

二十四節気の「小雪」の初候に「虹蔵不見」(にじかくれてみえず)とあるように、 雨が雪に変わる季節は、望むことのない虹が、立春の朝、見上げた空に。 春の訪れと共に、幸せが運ばれますよう、虹の向こうに、願いを架けました♡ 1 […]

ちいさな種から_2018春

遠くへ飛び立つために進化した、“プロペラ”形の楓の種子 清楚で可憐な花はいつしか、かたちを変えて、未来の森へ ピアノなどの楽器に使われ、音響にすぐれる木、イタヤカエデ。 4月初旬『そらいろの丘』に咲いた、清楚で可憐な花が […]

獣道の向こうに_2018春

特有のポーズで、店内の様子をうかがう、ニホンカモシカ うららかな午後、じぃ~っと様子をうかがう、影ひとつ。 長野県の県獣、国の特別天然記念物に指定されているニホンカモシカが、 今春も『そらいろの丘』に現れました。 「好奇 […]

立夏の頃

夏の気配が立ちはじめる時季「立夏」。 暦の上では、この日から立秋の前日までが、夏となりますが、 標高800メートルの丘は、若草萌ゆる季節がはじまったばかり。 霜が降りなくなると言われる、穀雨の頃を過ぎても、 皐月らしから […]

どこまでも_2018春

この空の彼方へ、どこまでも… GWの風物詩『佐久バルーンフェスティバル』は、 5月5日「こどもの日」、ようやくおだやかな空となり、 ほんのり朝靄の向こうに、熱気球が飛び立ちました。 予定より早い時間帯の開始となり、望遠レ […]