荒船丸ゆく_2019霜月

「荒船山」を「荒船丸」に見立て、海を想う、朝の窓辺 船尾から船体へ、日々刻々と移りゆく、サンライズの方角 県境の山並みが映える、夜明けのグラデーション。 今年もまた、雲海に浮かぶ「荒船丸」を追う季節となりました。 「荒船 […]

薪ストーブ燃ゆる_2019冬

上:ぽかぽかと陽だまり、ゆらゆらと薪ストーブ、あたたかな冬の日 中:玉切りを薪割りした瞬間、あざやかな木肌は、木が生きている証 下:太さも曲りもいろいろな森の恵みを、手をかけて、薪として活用 薪ストーブ燃ゆる、あたたかな […]

黄昏色に染まる時_2019霜月

平年より15日遅く、昨年より22日遅い、浅間山の初冠雪。 ようやく冬の足音聞こえる、黄昏色に染まる時。 年明けは「明けの明星」にわくわくしましたが、 晩秋から「宵の明星」に、胸おどるこの頃です。 七十二候では「地始凍(ち […]

冬木立の向こうに_黄昏

冬木立の向こうに垣間見る、黄昏色に染まる時。 その一瞬にこころ留めて、カメラを向けていますが、 刻々と染まりゆく色合いは、自然の奥深さでもあり、 日々移り変わる色合いは、自然の営みでもあります。 手持ちの望遠レンズでは、 […]

冬木立の向こうに_如月

ぐるりと山に囲まれた、標高800メートルの『そらいろの丘』は、 西の方角に、北アルプスを見わたすことができます。 北の浅間山、南の八ヶ岳と違い、真っ白な裾を広げた急峻な頂は、 さすが「日本の屋根」と言われる、標高3000 […]

荒船丸ゆく_2019如月

月と金星と木星の共演を仰いだ新春から、早ひと月。 いつしか木星は金星の上へ、ふたたび「二十六夜月」を仰ぐ、如月の初め。 翌朝は、「有明月」と金星と木星が斜上方向に並び、斜下方向には土星も、 左下に「荒船丸」、右下に富士の […]

富士見平を望む_2019大寒

1年でいちばん寒さが厳しい、大寒の頃。 「湿雪」が積もる雪国と違い、「乾雪」が舞うこの頃ですが、 あっという間に解かしてくれる、太陽の恵みに感謝する日々でもあります。 この丘から望む、向こうの田園が「富士見平」という字に […]

荒船丸ゆく_2019睦月_続

「二十六夜月と明けの明星、木星の共演の幕開け」と、 お客様に教えていただいた、元日から、もうすぐひと月。 金星と木星が、今年前半でもっとも接近する!というニュースに、 早朝からカメラを構えて撮影した、明けゆく空に、星ふた […]

みまき大池にて_2019冬

窓の向こうに、水面が光る、三日月型の調整池「みまき大池」。 厳寒の季節、蛇行する大河のような川面は、いちめん厚い氷に、 遠くの国へ想いを馳せる、異国情緒な風景が描きだされます。 カメラを持って出かけた、ある日の夕暮れ、 […]

黄昏色に染まる時_2019睦月

東の空に仰いだ「二十六夜月」は、西の空の「夕月」へ、 月の満ち欠けに、移りゆく季節を知るこの頃です。 マイナス10℃超と今冬いちばんの冷えこみとなった、翌朝の前兆のように、 山ぎわのグラデーションがひときわ映える、マジッ […]