2017_土蔵ギャラリー 企画展

hr1

小諸なる古城のほとり…
文豪 島崎 藤村の『千曲川旅情の歌』で知られる、小諸城址 懐古園から、
千曲川河岸を下る途中、木立に囲まれた、閑静な佇まいの隠れ宿 中棚荘

御牧ヶ原に葡萄畑が広がるご縁と、私達の活動へのご厚意から、
今春も、4月29日(土)~5月7日(日)まで、『土蔵ギャラリー 企画展』を催します。
今回は、私達のものづくりの背景、昨秋好評だった風景写真も展示いたします。

島崎 藤村の名作にちなんだ、湯船に地元のりんごが浮かぶ「初恋りんご風呂」、
国の登録有形文化財に指定されている、重厚な木造建築の食事処「はりこし亭」、
野趣あふれる庭に立つ『土蔵ギャラリー』へ、どうぞお立ち寄りくださいませ。

そして、中棚荘から『そらいろの丘』まで、千曲川を渡って車で10分ほど、
風景写真にイメージをふくらませながら、丘を抜ける風になりませんか?
東信濃にここちよい風わたる季節、こころよりお待ちしております♪

hr1

Previous postうららかに Next postどこまでも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です