風景にとけこむ_2019初夏

梅雨の合間の晴天と、緑深まる野山にとけこむ『そらいろの丘』

hr1

小諸市から上田市へ続く、千曲川左岸広域農道「千曲ビューライン」は、
千曲川にかかる小諸大橋をわたると、信号もなく、街灯もない、一本道。
川原から標高差220メートルにもなる、急カーブが続く坂道を上ると、
ぱぁ~っと視界がひろがり、すぅ~っと深呼吸したくなる、田園風景。

丘の上にポツンと佇む、ギャラリー&カフェ『そらいろの丘』は、
時を経るほどに、風合いを深めながら、風景にとけこんで
「木」と向き合ってきた、私達の活動拠点であり、終の住まいでもある、
この木造建築には、日本に育つさまざまな木が、適材適所に生かされて。

ギャラリーやカフェはどのまちにもありますが、大きな窓から望む風景、
いろいろな樹種が調和している、まるで森のようなここちよい木造空間、
夫婦共創の「漆の器」、塗師兼マスターが淹れるおもてなしのコーヒー、
ちいさな店舗ながら、すべてがオンリーワン!であることを大切に。

4年目の夏、信州小諸らしい晴天と、緑深まる野山にとけこんで。
アイキャッチとなるひまわりも定植、ご来訪をお待ちしております。

*店舗兼住宅につき、建物全景の写真撮影およびブログ・SNS等への
無断掲載はご遠慮いただいております~あしからずご了承くださいませ。

hr1

Previous post富士山を望む_2019水無月 Next post立待月の夜明け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です