風待月の夕暮れ

涼やかな風待つ夕暮れ、みるみる広がった、雲の群れに包まれて。

hr1

風待月の夕暮れ…
夏至を過ぎて、風を待ち遠しく思う頃、
いつから?涼やかな風が吹き、どこから?雲の群れが運ばれてきました。

水無月は、涼暮月(すずくれづき)、風待月(かぜまちづき)とも言われ、
美しい響きの日本語に、移りゆく季節を愛でるこころが感じられます。
風と雲に包まれた『そらいろの丘』は、やがて恵みの雨に潤いました。

青梅雨の夕暮れ涼暮月の夕暮れいつかの夕暮れ
こころに残る夕暮れを、この「そらいろ便り」へ綴っています。
1年でいちばん日の長い季節、夕暮れの空を、一緒に見あげませんか?

hr1

Previous post桑畑にて_2017夏 Next post涼暮月の夕暮れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です