青空と太陽と

堅い冬芽が弾けて、萌えるブナ。

堅い冬芽が弾けて、萌えるブナ。

hr1

青空と太陽と、生まれたてのブナの葉と。

2年前、『そらいろの丘』に植樹したブナの幼木。
堅い冬芽が弾けて、ういういしい若葉をぱぁ~っと広げました!
4月の終わり、上棟式 を祝福するように…。

青空に向かって、太陽の光いっぱいに浴びて、
葉のひら 萌えたブナに、力強い自然の営みを感じました。
この丘にしっかりと根付いたことを、嬉しく思いました。

愛でるために改良された園芸種は、大粒で大柄、ひときわ目を引き、
野山に自生する野生種は、小粒で小柄、ひっそりと佇んでいますが、
自然の移ろいの中で生きてゆく生命力が、一段とみなぎっています。

ここちよい風抜ける5月 は、野山の草木が、空に映える季節です♪

hr1

Previous post空高く、棟上げて Next postギャラリー くろさわにて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です