霜止出苗の頃

この丘の春は、ゆっくりと、じっくりと、足並みそろえて

hr1

七十二候では「霜止出苗(しもやんでなえいづる)」の頃、
降霜が終わり、稲の苗が生長する季節を表現していますが、
今朝も遅霜が降り、若葉萌ゆる季節を、こころ待ちにするこの頃です。

今年は春が早く訪れそうですね~と話した、大寒の頃
花冷えですね~とご挨拶する、穀雨の頃は例年並みに。
一昨年は、リンゴの花が咲き、田圃に水が入りはじめていたことを物語る、
「定点観測の軌跡」は、季節の移り変わりの比較に。

絶好のドライブ日和となる季節ではありますが、
今年のGWは「いのちを守る STAY HOME 週間」にならい店舗営業を自粛…
にもかかわらず、見知らぬ車が上がってきて、ノーマスクで敷地に入り、
写真撮影?マナーに欠ける来訪者には、注意喚起させていただいております。

漆の器」のつかい手となり、私たちの活動を応援してくださる皆さまと、
憂いなくふれあうことができる日まで、店舗営業はお休みする心積もりです。
この丘の春のように、ゆっくりと、じっくりと、足並みそろえて。

hr1

Previous postちいさな種から_2020春 Next post富士見平を望む_2020穀雨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です