重ね箱_続

檜材ならではの質感、漆塗りならではの陰影、オリジナルデザインの綴じ目も“そらいろスタイル”の重箱。

hr1

“そらいろスタイル”のオリジナル品、「重ね箱」。

曲げ物の魅力を生かした重箱は、隅がまるく、フォルムもやわらかに。
目の詰まった選りすぐりの檜は、強くて軽い、手ざわりもかろやかに。
オリジナルデザインの綴じ目、1辺6寸(約180ミリ)と手頃な大きさ。

日本人の季節を愛でる風習、食文化や伝統技術と共に、受け継がれてきた重箱。
ハレの日だけでなく、お花見やピクニックなどアウトドアに、今風のおうちごはんに、
四季を通じて親しんでいただけますよう、“シンプルであること”を大切に考えました。

この「重ね箱」は、墨(すみ)・緋(あけ)仕上げからお選びいただく、受注製作品です。
12月末お届けは6月末で締切りましたが、引き続き、ご予約を承っております。
ぜひ一度、手のひらから伝えるギャラリーで、その風合いをご覧いただけますように!

*ご愛顧いただきました「おべんとう箱」は、おかげをもちまして、完売となりました。
今後は、“そらいろスタイル”のオリジナル品として、新しいかたちを試行してゆきます。

hr1

Previous post看板を掲げて_2017夏 Next post今日のそらいろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です