荒海を進む_続

左端の「荒船山」を「荒船丸」に見立て、海を想う、朝の窓辺

hr1

荒海を進む「荒船山」ふたたび…

立春を過ぎたある朝、雲上に佇んだ『そらいろの丘』は、
雲海という名の海に浮かぶ離島となり、幻想的な光景につつまれました。
ほんのり春色に染まった「荒船山」は「荒船丸」となり、
富士山や八ヶ岳を望む、はるか南の空へ、荒波を乗り越えるかのように。

ぐるりと山に囲まれた、海から遠い信州で、
海を想う、イマジネーションふくらむ窓辺。
つかの間の海風はやがて、浅間山麓に吹き荒ぶ「浅間おろし」となり、
やんわり春色に染まった「荒船丸」は、雲海の彼方へと旅立ちました。

hr1

Previous post荒海を進む Next post富士山を望む_弥生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です