空高く、棟上げて

3月末の基礎工事着手~5月初の屋根掛け完了まで、周りの風景も少しずつ春色に!

3月末の基礎工事着手~5月初の屋根掛け完了まで、周りの風景も少しずつ春色に!

棟木(むなぎ)の納まりを見届ける、棟梁。

棟木(むなぎ)の納まりを見届ける、棟梁。

伝統工法により木組みされた、“いの一番”。

伝統工法により木組みされた、“いの一番”。

hr1

空高く、棟上げて。
4月27日(大安)、はれやかな青空に恵まれ、
『そらいろの丘』の上棟式が行われました。

ピーンと伸びたクレーンの先に、柱や梁などの構造材が吊り上げられ、
コーンコーンとここち良く、丘の上に響きわたる掛矢(かけや)の音。
いの一番” を鬼門に、「ろの五番がないぞぉ~」など声をかけ合いながら、
大工さん達の手で、一本一本、伝統工法により組み上げられてゆきました。

伝統技術を受け継ぎながら、その腕を振るう木造建築が少なくなった時代、
「今回は仕事場へ行くのが楽しみ」と言ってくださった棟梁の笑顔と、
ここに至るまでのたくさんの出会いに、心より感謝する日となりました。

そして、北村建築設計事務所 と3年をかけて計画してきた建物が、
この御牧ヶ原の風景にすっかりとけ込んでいる様子を、嬉しく思いました。
店舗オープンまで、移りゆく風景を綴ってゆきます~どうぞお楽しみに♪

hr1

Previous post桜映える空 Next post青空と太陽と

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です