空へ続く_2018春

ほんのりふくらむ木々の枝先も、空へ続く、早春の風景

hr1

御牧ヶ原の丘の上に、ぽつんと佇む『そらいろの丘』。
千曲ビューライン沿いへ、店舗営業日に看板を掲げている曲り角から、
細い坂道を上ると、目の前にひろがる、青空へつながるかのような風景は、
木々の枝先がほんのりふくらみ、芽吹きの季節を待ち焦がれるかのように。

日本に育つ木の有効活用を掲げ、「空へ続く」をコンセプトに、
木造建築への深い造詣から創りだされた、この丘の自然と調和する一軒家
時を経るほどに、風景へとけこむ、地場産唐松の外壁やデッキをはじめ、
木造建築と空間そのものが、“日本に育つ木のギャラリー”と考えています。

店舗オープン2周年を機に、「店舗営業日カレンダー」は土日祝のみ公開し、
ひと足早く春を迎えた、森づくりへ出向く週末は、店舗休業しております。
私達の生業は「木」と向き合うこと、私達の店舗は喫茶店や飲食店ではなく、
ライフワークに共感いただいたお客様を、おもてなしする場と考えています。

春めく丘からやわらかな光そそぐ、ギャラリー&カフェ『そらいろの丘』で、
今年もうれしい出会いに恵まれますよう、こころよりお待ちしております!

hr1

Previous postこころを結ぶ_こ椀 Next post丘に根ざす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です