秋深まる_2018

上:「寒露」を前に、朝陽に映えるはさ掛けと藁ボッチ
下:「霜降」を前に、夜明けの空に浮かびあがる八ヶ岳

hr1

窓の向こうに移りゆく風景も、秋深まるこの頃。
秋雨もようが長く続き、スカッと青空をこころ待ちにしていましたが、
野分が過ぎて、グッと冷えこんだ朝、久しぶりに八ヶ岳を望みました。

この“原”を守り続ける、地元の方々の田圃は稲刈りが終わり、
今年もまた、美しい田園風景を見わたすことができた日々に、
こころより感謝する季節でもあります。

春めく丘  穀雨の頃  立夏の頃  小満の頃
芒種の頃  梅雨明けの朝  小暑の頃  大暑の頃 
海を想う  立秋の頃  やんわりと  黄金色に輝く

しばらく雲に覆われていた、八ヶ岳も浅間山も、初冠雪を迎え、
山粧う季節から山眠る季節へ、紅葉は山腹から山麓のまちへ、
めぐる季節を楚々と綴ってきた「そらいろ便り」も、4度目の晩秋に。

hr1

Previous postそらいろ便り_2018秋 Next postささやかに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です