珈琲豆の向こうに

富山市の自家焙煎コーヒー豆&スローフードの店『エコーレ』のカウンターには、世界各国の産地情報カードが並ぶ。

hr1

珈琲豆の向こうに。

国産材の有効活用、メイド・イン・ジャパンのものづくり、
日本から世界へ発信することを、長年の生業としてきた私達にとって、
毎日の珈琲タイムは、世界とのつながりを感じる、大切なひと時です。

こだわりの珈琲豆を、山の湧水で淹れて、世界の国々へ想いを馳せる…
10数年来、どんなに慌しい朝も続けてきた、この大切なひと時を伝えようと、
『そらいろの丘』オープンにあたり、併設のカフェのメニューとしました。

世界のコーヒー産地の中でも、「シェードツリー」などを生かした、
持続可能な農業に取り組む畑から選定して、自家焙煎する珈琲豆は、
大量生産されて市場に出回る豆と違い、本来の豊かな風味が感じられます。

「シェードツリー」とは、コーヒーの木を直射日光や風雨から守るため、
マメ科など背の高い樹木を一緒に植え、落ち葉は肥料に、実は貴重な食料にと、
自然の循環の中で潤いをもたらす、ひとの暮らしに寄り添う木のことです。

アフリカ大陸の、標高2000メートル近い高地で育てられた豆。
紛争を乗り越え、自立する生産者の安定した生活を支援する豆。
軍隊を持たない選択をした国の、森の恵みから生み出される豆。

オーガニック&フェアトレードの珈琲豆からお選びいただき、
ストレート&ブラックでお楽しみください~心をこめてお淹れします!
今日の珈琲タイムが、世界平和を考えるひと時となることを願って…

hr1

Previous postちいさな種から_2015秋 Next post黄昏色に染まる時_2015霜月