浅間山を望む_睦月

奥ゆかしく雲に覆われた、晩秋の浅間山。純白の頂が青空に映える、初冬の浅間山。

奥ゆかしく雲に覆われた、晩秋の浅間山。純白の頂が青空に映える、初冬の浅間山。

hr1

『そらいろの丘』から、浅間山を望む。

山粧う季節も、山眠る季節も、
山裾のまちに、美しい魅力を呈してくれる山。
どんなに忙しい朝も、走りまわる夕方も、
この山を見上げ、ふぅ~っと息ぬくことを忘れず。

四季折々に風景を織りなす、豊かな森の国、日本ならでは、
季節の移ろいを感じる、心のゆとりを持ち続けたいものです。
ひとは、大自然の中に生かされている、ちっぽけな存在、
偉大なる雄姿はいつも、悠々しく生きる力を諭してくれます。

hr1

Previous post薪ストーブ燃ゆる_2016冬 Next post凛とした朝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です