氷柱の向こうに

なごり雪の雫は、軒の氷柱となり、やがて大地を潤して。

なごり雪の雫は、軒の氷柱となり、やがて大地を潤して。

hr1

氷柱(つらら)の向こうに、春を待ちわびて。

雪解けの大地に、春の萌しを感じていましたが、
このところ、薄墨色の空に、なごり雪の日々…
いつも浅間山を望む、北側の軒には、氷柱がきらり。

はれやかな空も、ゆるやかな山並みも、
モノトーンな“そらいろ”に、すっかり霞んでいますが、
この風景の向こうに、やがて訪れる季節は、喜びもひとしおです。

小諸城址 懐古園の桜の予想開花日が、4月8日と発表されました。
4月16日は黒澤酒造春の酒蔵開放』へ、今年も出店する予定です!

hr1

Previous post木を削る Next post絹雲の朝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です