桜咲く季節_2018続

自然の営みを諭してくれる、清楚で可憐な山桜

hr1

ひっそり&しっとりと春を謳歌する、
清楚で可憐な花を、葉と同時に開く山桜。

園芸種の桜が舞い、野生種の桜が咲き、木々がいっせいに芽吹く季節、
我こそは~とたわわに咲くことなく、野山に生きる姿を諭すかのように。
桜と言っても、愛でるために育てられた桜とは、その生い立ちが異なり、
木と言っても、公園に植栽された木とは、生きゆく姿もまた異なります。

野山で年輪を重ねた桜は、木の文化の中で、ひとの暮らしに寄り添って、
樹命を迎えて木材となり、かたちを変えて、ひとの傍らで生き続けます。
美しい花を思わせる、なめらかな木肌を生かした、山桜のお椀も然り、
桜咲く季節、お椀を手にするたび、思い出していただけますように…

hr1

Previous post穀雨の頃 Next post店づくり_2018春

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です