桜咲く季節_2015

苔むす石垣と青空に映える、春の風物詩「小諸城址 懐古園」の桜

hr1

花冷えの雨がようやく明け、桜映える空に誘われた昨日、
「日本さくら名所100選」でもある、小諸城址 懐古園へ行きました。
苔むす石垣が昔日の面影を伝える、小諸の春の風物詩。

早咲きの「染井吉野」はもう、はらはらと風に舞いはじめ、
小諸固有の桜「小諸八重紅枝垂」(コモロヤエベニシダレ)の幼木が、
可憐な花をたわわに咲かせ、ゆらゆらと枝垂れていました。

桜の花びらは、秒速5センチメートルで舞い落ちるそうです。
愛でるために品種改良された桜も、このゆるやかな時の流れは不変のままに…
そして、園芸種の桜が散ると、野生種の桜が芽吹き、野山の春がはじまります。

hr1

Previous post恵みの雨 Next post空高く棟上げて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です