桜咲く季節に

手にとって、肌ざわりを感じて、「漆の器」に親しんでいただく展示カウンター。

hr1

手のひらから伝わること、伝えることを、大切に考えているギャラリーに、
お料理をあたたかに包みこむ「お椀」を、お蕎麦やうどんのシーンにも!
というご要望をいただき、限定数にて制作した「おお椀」が並びました。

ご出産御祝やお食い初め、お孫さんへの贈り物に慶ばれる、こ椀:口径3寸
ご飯にもお味噌汁にも、手のひらに馴染むかたちが人気の、お椀:口径4寸
お芋の煮ころがしにもいいわね!と、お客様の目を引く、おお椀:口径5寸

大きさの違いをご覧いただけるように、3サイズを重ねて展示しています。
日本の山に自生する山桜、直径5寸上(150mm以上)の木塊から成形するため、
時間をかけて木材調達、十分な乾燥工程を経て、じっくりと仕上げました。

「おお椀」をご希望の方はこちらへ~お取り置きやご発送も承っております。
やさしく滑らかな木肌、薄っすらと透ける木目は、サクラ材ならではの魅力、
桜咲く季節に、桜のお椀を、使いはじめませんか?

hr1

Previous post続・こころに響く_2017春 Next post愛着もひとしお

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です